Home > 革小物 > 万双のブライドル 馬蹄型小銭入

万双のブライドル 馬蹄型小銭入

  • 2009-03-29 (日) 11:27
  • 革小物
  • 4,080 views

そろそろ、小銭入が欲しいなぁと思っており、機能性と総手縫いに惹かれて、3月に購入。
3月唯一のお買い物になった。

思えば、兄から大学2年くらいの時にもらったKC’sの小銭入が革小物にのめりこむきっかけだったように思う。
KC’sからHerzときて、今回はお気に入りの万双にした。

小さな小物は派手な方がいい、という考えから、今回はブライドルの赤にしてみた。

IMG_3214

思っていた以上に美しくて、ブライドル特有のブルームがにじみ出ている。

この小銭入は手縫いで作っているため、大量生産できないとうたっている。

マシン縫いだと、縫い目の傾きがミシンの仕様上、左上がりなのだが手縫いだと右上がりになる。
実際にチェックしてみると、大体の縫製は右上がりなのだが、サイドの分厚い重ね部分の縫製が左上がりになっている。
しかし、万双のページの写真はサイドの縫製も右上がりになっている。
どういうことなのだろうか・・・・・

IMG_3213

もしこれが、大量生産のために手を抜いたのであれば、ファンとしては非常に悲しい。
程ほどの値段で、そこらの革製品よりも質の高いものを提供してくれるのが万双であり、その質と価格のバランスにファンは惹かれているはずである。
予約はいくらでも待つので、是非とも大量生産のために縫製を変更したのであれば、元の手縫いにこだわって欲しい。

他の部分も見てみると、分厚い部分はミシンで縫っているようだ。
ひょっとすると手縫いでも左上がりになる場合があるのかもしれないが・・・
内側もサイドのみマシン縫いと思われる縫製になっており、万双のページのサイド部の方が滑らかに縫えてるように見える。
購入した小銭入の内側サイド部は、やや強い力がかかって段差が大きくなっているようだ。
やはり手縫いによる力加減や革の目を読んで縫う縫製の方がバランス良く縫えるのだろうか。

IMG_3212

サイド以外はこのように手縫いになっており、全て右上がりになっている。
太めの糸を使っていて、手縫いの温かみも感じられる。
また、ブライドルレザーもかなりいいものを使っているようだ。
染色も良く何度も何度も長期間蜜蝋でなめしているようで、磨くたびに光沢があらわれ、しばらくするとまたブルームがにじみ出てくる。

IMG_3210

あけると、札を一枚ほど入れられるポケットが付いており、ちょっとコンビニに行く時などはこの小銭入で十分だ。

IMG_3211

ブライドルレザーは磨く楽しみ等、すばらしい革であるが、水に弱いという欠点があるため、雨や水滴等がつかないように気をつけないとね。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


Home > 革小物 > 万双のブライドル 馬蹄型小銭入

検索
フィード
メタ情報

Return to page top