Home > 日常 | 革靴 > サドルソープで靴を生き返らせる

サドルソープで靴を生き返らせる


IMG_3388

日々手入れしていると、そこまで汚れてしまうことはないが、突然の雨や不意の出来事で靴が非常に汚れてしまい、クリーム等ではどうしようもなくなる。

そんな時は、靴を一新するつもりでサドルソープで洗ってみることをお勧めする。

いい革であれば、必ず元の状態に戻るはずだと信じて水にほりこんでみよう。

今回は、サントーニのファーストラインの靴をサドルソープで洗った。

まずは、上記の写真のように水に放り込んで、水を十分含ませる。(靴が別に靴になってますが・・・)

そして、サドルソープをサドルソープ用スポンジに付けあわ立たせながら軽くこする感じで洗う。

IMG_3389

そして、ある程度洗ったら、絶対に水でながさずに泡が付いたままの状態で、布で泡とある程度の水気をふき取る。

これを水で流してしまうと、カビカビになって元の革に戻らなくなる可能性がある。

サドルソープの成分を十分にしみこませたまま日陰干しすることが、革を復活させる一番のポイントである。

そして、数日間シューツリーにいれて日陰干しすると以下の写真のようになる。

IMG_3414

いわゆるすっぴん状態だ。

この状態の靴は非常にクリームのなじみが良く、デリケートクリームをどんどん吸収する。

いつもの手入れより、デリケートクリームを多めにしみ込ませる。

そして、乳化性クリームで、色の薄い順にタン→ミディアムブラウン→ダークブラウンと少量ずつ重ね塗りする。

色も非常につきやすいため、サントーニのようなアンティークな仕上げをしたい靴は、薄めの色から順に薄く色を重ねていくのがポイントだ。

そして、全体にグリーンのシューポリッシュを使って、栄養と光沢を与える。

そして、トゥとヒールはパレードグロスで仕上げる。

このように、水につけてサドルソープで洗っても、きちんとした手順で手入れをすれば、全く元の綺麗な状態に戻る。

むしろ、最初よりも履きこんできた靴であるため、革の目がしまり日々の汚れ等から、よりアンティークに、より光沢のある靴に仕上がる。

今回の手入れで、以下のようになった。

IMG_3420

非常にヌメヌメした艶かしい色気を出している。

手入れ前↓

IMG_3414

手入れ後↓

IMG_3428

見事、今までにない光沢と色気を手に入れて、サントーニが復活した!

ここまで元に戻るのであれば、数年に一度はサドルソープで手入れしても良いような気がした。

コメント:2

okn 09-12-08 (火) 9:31

大丈夫?と読み進みましたが。
最後の出来上がりがすばらしいです。
靴職人、あるいは靴クリーニング屋におなりなさい。
ただ、洗面台はばっち~ぃ^-^

matsumoto_r 09-12-23 (水) 21:43

結構綺麗に仕上がるんです。
靴磨きの才能があるのかも・・・^^

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.matsumoto-r.jp/wp-trackback.php?p=666
Listed below are links to weblogs that reference
サドルソープで靴を生き返らせる from 人間とウェブの未来

Home > 日常 | 革靴 > サドルソープで靴を生き返らせる

検索
フィード
メタ情報

Return to page top