Home > アーカイブ > 2011-10

2011-10

mod_ruid2はgroupsを元の状態に戻せないのでpatch作成


mod_ruid2はDSO版のPHP等を効率良くある程度安全に使うにはかなり良いモジュールである。

「ある程度」と書いたのは、それなりに脆弱性があるためで、それは今後紹介するとして今回はそこに関しては言及しない。

簡単なmod_ruid2の動作だが、preforkされているサーバプロセスに対してリクエストがあった場合、サーバプロセスそのものをリクエスト対象のファイルの権限(uidやgid等)もしくは任意 の権限に変更し、そのごリクエスト処理を行なって、最後に変更されたサーバプロセスの権限を元の権限に戻す。このあたりの細かい話はLinux Capabilityの話になってくるので省略する。

ところが、今回色々試していると、サーバプロセスのユーザー、例えばapacheユーザー等がgroupsの設定を持っていた場合には、groupsの権限は戻せない実装になっていた。そのため、ある ディレクトリをgroupsで設定された別のgroup、例えばwww-admin等で権限設定されていた場合、元のapacheユーザーはwww-adminにアクセスできるが、mod_ruidの処理後そのgroups設定がなくなってしまい、アクセスできなくなる。

全文を読む

拡張子によってApacheモジュールの処理を適応するか判断するpatch(mod_ruid2版)


ブログはかなり久々。

会社での実装でいいものが生まれたりするのが、なかなかそれを社外に公開するわけにはいかず、あまり技術的な創作物をブログに書くことができなかった。今は、会社2割大学8割のような比率で研究しているので、最近作ったpatchでも紹介する。

実装対象は、DSO版PHPなどでもsuEXECのようなアクセス制御が行えるmod_ruid2に対してpatchを書いてみた。

mod_ruid2は実装上、モジュールとしてApacheに読み込んだ場合、すべての動的コンテンツ実行時にサーバプロセスをsetuid、setgidしてしまう。しかし、ある特定の環境下では、任意の拡張子(.phpや.py)においてのみモジュールの処理を実行させたい場合がある。Filesディレクティブ等を用いて、ファイルを指定するやり方もあるが、mod_ruid2等ではそういう設定記述は禁止されている。

そこで、mod_ruid2に2つの機能を実装した。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2011-10

検索
フィード
メタ情報

Return to page top