Home > アーカイブ > 2014-02

2014-02

フクオカRuby大賞優秀賞と日本OSS奨励賞を頂いて今思う事


フクオカRuby大賞優秀賞を頂き、その夜博多のホテルで受賞の余韻に浸っていました。次の日にはセミナーでの発表も控えているので、身体を休めるべく早めにベッドに向かい寝る事にしました。その夜は、めずらしくホテルでぐっすりと眠る事ができ、朝起きていつものようにPCを起動させると、日本OSS奨励賞の受賞通知メールが届いていました。

全文を読む

任意アクセス制御による単一のサーバプロセスの権限分離モデルを考える


以前から、単一のサーバプロセスで複数のユーザの処理を担う場合に、プロセスやアクセス制御レベルで適切に各ユーザで権限分離するにはどういうモデルが考えられるのかを既存の手法を踏まえつつ思考実験していました。それらを今回は簡単にまとめてみようと思います。

まずは前提として、

  • 単一のサーバプロセスで複数のユーザを権限分離する
  • 任意アクセス制御(Discretionary Access Control:DAC)による権限分離を前提とする
  • 不特定多数のクライアントからサーバへのアクセスがある
  • クライアントはサーバに自身のユーザ権限で任意のプログラムを配置する事ができる
  • 設置プログラムを介してシステムを変更されないようにする
  • 他のクライアントのプログラムを変更できないようにする

であり、このような状況でプロセス(スレッド)やアクセス制御のレベルでいかに権限分離を行いセキュリティを担保できるかを考えてみました。この前提条件の意図は最後のまとめでも言及しますが、これを達成するためにはどういう権限分離のモデルが考えられるのでしょうか。ではいってみましょう。

この場合、性能を考慮した権限分離モデルとしては大きく以下の6つの方式に分けられるように思います。

全文を読む

WEB+DB PRESS vol.79のWebエンジニアのためのmruby入門


WEB+DB PRESS vol.79では @udzura さん執筆の「一歩先ゆくRuby」で、「Webエンジニアのためのmruby入門」という記事が掲載されています。

全文を読む

Ruby東京プレゼンテーション2014でmrubyについてパネルディスカッションしてきました


先日、Ruby東京プレゼンテーション2014というイベントがあり、その中のテクニカルトークというパネルディスカッションで、mrubyとWebサーバのお話をしてきました。パネルディスカッションの登壇者は、Matzさん、トレタの増井さん、九工大の田中先生、Cloudius Systemsの浅田さん、みずほ情報総研の橋本さん、僕でした。

全体通して感想を書くと話が長くなってしまうので、自分のところだけ感想を書くとして、自分が担当した前半のプレゼンは「mrubyによるWebサーバ機能の拡張」、後半のプレゼンは「mrubyとこれからのWebサーバ技術」についてです。簡単に感想を書いておきます。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2014-02

検索
フィード
メタ情報

Return to page top