Home > Linux | メモ > 同じブロック数でフォーマットしてるのにディスク容量が違う現象対処メモ

同じブロック数でフォーマットしてるのにディスク容量が違う現象対処メモ


fdiskやsfdisk等で、sda1と同じディスク容量のパーティションを切りたい時は、fdisk内で同じブロックサイズを指定する。

しかし、実際にパーティションを切った後mke2fsでフォーマットするとディスクサイズが違っていて、tune2fsの結果も違ってたりする。

こういう場合は、ほとんどinodeのサイズが違っている場合が多いので、明示的にinodeサイズを指定してやる。

# mke2fs -i 4096 /dev/sdb1

また、その他下記コマンドでパラメータが違う場合は、適宜mke2fsやtune2fsのオプションを使って合していく。

# tune2fs -l /dev/sdb1

Filesystem featuresが違う場合などは、tune2fsで変更。

# tune2fs -o user_xattr,acl /dev/sdb1

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.matsumoto-r.jp/wp-trackback.php?p=1209
Listed below are links to weblogs that reference
同じブロック数でフォーマットしてるのにディスク容量が違う現象対処メモ from 人間とウェブの未来

Home > Linux | メモ > 同じブロック数でフォーマットしてるのにディスク容量が違う現象対処メモ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top