Home > プログラムについて | 研究について > mrubyでRedis使うのはオーバースペックな人のためにmruby-vedis作った

mrubyでRedis使うのはオーバースペックな人のためにmruby-vedis作った


以前mruby-redisを作ったのですが、mrubyでRedis使う場合に、inetとかunix domain socketで使えなくても良いし、サーバー機能無しでIn-Memoryにアプリケーションと同一プロセス上で動いたり、必要だったらOn-Diskぐらいで共有できる程度の軽量なKVSを使いたいなぁ、でもなんだかんだちょっとした事にRedis使いやすいしまぁRedis使うか、なんて思っている人はいると思います。

そんな人のために、「サーバー機能無しでIn-Memoryにアプリケーションと同一プロセス上で動いたり、必要だったらOn-Diskぐらいで共有できる程度の軽量なKVS」であるVedisをmrubyから簡単に使えるmruby-vedisを作りました。Vedisについては公式サイトを見ると良いと思います。

Vedisとは

Vedisの概要は以下のようになります(公式サイトより引用)。

Vedis is an embeddable datastore C library built with over 70 commands similar in concept to Redis but without the networking layer since Vedis run in the same process of the host application.

Unlike most other datastores (i.e. memcache, Redis), Vedis does not have a separate server process. Vedis reads and writes directly to ordinary disk files. A complete database with multiple collections, is contained in a single disk file. The database file format is cross-platform, you can freely copy a database between 32-bit and 64-bit systems or between big-endian and little-endian architectures.

Vedis is a self-contained C library without dependency. It requires very minimal support from external libraries or from the operating system. This makes it well suited for use in embedded devices that lack the support infrastructure of a desktop computer. This also makes Vedis appropriate for use within applications that need to run without modification on a wide variety of computers of varying configurations.

僕自身もここに書いているように、プロセスと分離せず同一のプロセス上でカジュアルに扱えるKVS(ACID)を探していたのですが、Vedisはこのような用途に大体当てはまる特徴を持っていたので、それだったらmrubyでBindingするかぁと思い作ってみました。ドキュメントもきっちり書かれていて、非常に簡単に作れました。また、クロスプラットフォーム対応や組み込み機器でも動く場合が多いらしく、mrubyにはぴったりな気がします。以下にざっと公式サイトの特徴を引用しておきます。

  • Serverless, datastore engine.
  • Transactional (ACID) datastore.
  • Built with over 70 commands similar to the standard Redis commands.
  • Zero configuration.
  • Single database file, does not use temporary files.
  • Cross-platform file format.
  • Vedis is a Self-Contained C library without dependency.
  • Standard Key/Value store similar to BerkeleyDB, LevelDB, etc.
  • Pluggable run-time interchangeable storage engine.
  • Support for on-disk as well in-memory datastore.
  • Thread safe and full reentrant.
  • Simple, Clean and easy to use API.
  • Support Terabyte sized databases.
  • Very high code quality, written in ANSI C, should compile and run unmodified in most platforms including restricted embedded devices with a C compiler.
  • Highly available online support.

 mruby-vedisのサンプル

使い方はmruby-redisと同じようにしています。現状は、get、set、del、execといった最低限の機能にしていますが、今後はここのコマンド表を元に実装追加していきたいと思います。execがあれば大体の事はできると思うのですが、やはりRubyで簡単に書けるようにしたいですね。もちろんPull-requestは大歓迎です!

サンプルは以下のようになります。

# デフォルトはIn-Memory
v = Vedis.new

# On-Diskの場合はファイルを指定
# v = Vedis.new "/path/to/vedis.db"

# keyにはsymも使用可
v["test"] = "bbb"
v[:hoge] = 2
v[:foo] = 3
v.set :fuga, "aaa"

# exec
r1 = v.exec "MSET username james age 27 mail dude@example.com"
r2 = v.exec "MGET username age mail"

p v["test"]     #=> "bbb"
p v[:hoge]      #=> "2"
p v["foo"]      #=> "3"
p v.get :fuga   #=> "aaa"
p r1            #=> nil
p r2            #=> ["james", "27", "dude@example.com"]

簡単ですね!これでmrubyを組み込んだアプリケーションで簡単にサーバレスでカジュアルにKVSを使えそうです。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.matsumoto-r.jp/wp-trackback.php?p=3877
Listed below are links to weblogs that reference
mrubyでRedis使うのはオーバースペックな人のためにmruby-vedis作った from 人間とウェブの未来

Home > プログラムについて | 研究について > mrubyでRedis使うのはオーバースペックな人のためにmruby-vedis作った

検索
フィード
メタ情報

Return to page top