Home > Apacheについて | プログラムについて | 研究について > 共有WebホスティングでVitrualHost設定に手を入れずにシンボリックリンクのTOCTOU問題を解決するApacheモジュールを作った

共有WebホスティングでVitrualHost設定に手を入れずにシンボリックリンクのTOCTOU問題を解決するApacheモジュールを作った


共有Webホスティングを提供している業者の皆様は、シンボリックリンクのTOCTOU問題というかなりクリティカルで必ず対応すべき問題をおそらく様々な方法によって解決されていると思います。

しかし一方で、TOCTOU問題をなんとなく放置されている、あるいは、誤解されている場合もあるかもしれません。この問題は、Apacheでシンボリックリンクを使えない(シンボリックリンクにアクセスがあったら4系エラーを返す)設定にしていたとしても、シンボリックリンクファイルを作る事さえできれば、攻撃プログラムを使う事により、apache権限でアクセス可能なファイルにシンボリックリンク経由でアクセスすることが可能となります。また、Apache本体のコアに直接パッチを当てて対応されている方も多いでしょう。

その場合、

  • コアのパッチは今後Apacheのバージョンアップに伴いメンテが面倒になる
  • 幾つか公開されているモジュールは設定の変更箇所が多いので困っている
  • TOCTOU問題をあまりよくわかってない

という状況があると思います。

そこで、あまり既存の共有ホスト、例えばVirtualHostの設定等を変える事なく簡単な設定を追記するのみで共有WebホスティングのTOCTOU問題を解決するApacheモジュールmod_fileownercheckを作りました。

追記1:SetOutputFilterの設定をしなくて良いようにした

インストールは簡単で、apxsでビルドした後いつも通りモジュールをLoadModuleするだけで良いです。

モジュールをロードするだけで、シンボリックリンクのTOCTOU問題を解決できます。ホスティング業者によっては、共有ホスティングの構成が様々でこのモジュールだけでは対応出来ない場合もあると思います。ですので、一度攻撃プログラムを用いて試した上で利用するのが良いと思います。VirtualHost + suEXEC + Directoryのパーミッションのような定番の共有ホスティングの場合は、大抵このモジュールだけで解決できると思います。

仕組み的には単純で、リクエストのあったファイルがApacheによってopenされた時点で、そのopenされたファイルのownerとリクエストのあったファイルパスのownerが一致するかをチェックするものです。

追記2:.htaccessでの上書き防止処理やリクエストパスの途中にシンボリックリンクを含んでいる場合の対処を追加

さらに、.htaccessで上書きできないようモジュールで強制的にoutput filterに追加するようにしました。また、リクエストパスの途中に他のユーザのディレクトリを指すシンボリックリンクが含まれている場合も対応するために、suEXECで設定しているownerとopenしているファイルのownerチェックも行うようにしました。

もしまだApacheのバーチャルホスト等で構築した共有Webホスティングを提供しながら、このTOCTOU問題の対応をされていなかったり、コアに手を入れていたりする場合は是非このmod_fileownercheckをご活用下さい。また、問題がありそうでしたらレポジトリにissueやpull-requestをして頂けると幸いです。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > Apacheについて | プログラムについて | 研究について > 共有WebホスティングでVitrualHost設定に手を入れずにシンボリックリンクのTOCTOU問題を解決するApacheモジュールを作った

検索
フィード
メタ情報

Return to page top