Home > 研究について > 研究報告_vol.2

研究報告_vol.2


さて、次は前期発表会で紹介した内容のレジュメとスライドです。
前期発表では、現在オンラインで扱うことができるエンジンで最も精度がいいといわれているChangeFinderと呼ばれる変化点検出エンジンの理論と考察を行い発表しました。
これが、僕が「変化点検出を用いたネットワークセキュリティ」の研究をしようと思ったきっかけになりますね。
とりあえず、すばらしいエンジンです。

過去の記事で、これはプログラムに実装し、検証済みです。
記事:変化点検出エンジン

■前期発表会資料 – 統計的手法による時系列からの外れ値と変化点の検出
・統計的手法による時系列からの外れ値と変化点の検出(レジュメ).pdf
・統計的手法による時系列からの外れ値と変化点の検出(スライド).pdf

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.matsumoto-r.jp/wp-trackback.php?p=54
Listed below are links to weblogs that reference
研究報告_vol.2 from 人間とウェブの未来

Home > 研究について > 研究報告_vol.2

検索
フィード
メタ情報

Return to page top