Home > アーカイブ > 2008-10

2008-10

10月はニットを購入


そろそろニットが欲しいなぁと思って、10月にはニットを個人輸入した。

円の価値が非常に高くなっており、ニットも安く買えた。

もちろんニットは、ニット専門店であるジョン・スメドレーで購入。

ジョン・スメドレーの詳しい解説は、ここにばっちり載ってます。

■ UKism – ジョン・スメドレーの歴史
ジョン・スメドレー

■ UKism – ジョンスメドレーの素材
ジョン・スメドレー

さすが最高級のメリノウールを使っていて、着心地も最高だ。

是非一度、購入していただきたい品の1つである。

ニットである程度の質の高さとコストパフォーマンスを考えるなら、ジョン・スメドレーのニット以外はありえないだろう。

個人的には、クルチアーニも候補にはあがると思ってます。

ノーベル物理学賞


日本人が3名受賞しましたね。

特に南部さんは、僕の興味ある分野に良く登場する人で、ゲージ場のゲージ対称性の自発的な破れを日本で最初に言い出したり、超ひも理論に関係のあるゲージ対称性の破れという概念から、ヒグスメカニズムを経て、力の大統一理論やゲージ理論に非常に貢献したりした人ということで、むしろ、「なんで、ノーベル賞とってないの?」と思っていた人だったので、まぁそりゃとるでしょ、という感じだった。

ブルーバックスでも「クォーク」という素晴らしい本を書いているので、結構自分の好きな分野に出てくる有名人だー、という印象だった。

この人なくては、今の超ひも理論や大統一理論はここまで進んでいなかっただろうというような人なので、まぁ当然でしょう。

あと、益川先生は、英語が大嫌いで、英語論文・国際学会など一切いかずに、日本語のみでここまでに至った偉大な人だ。

本当に中身のすごい人は、英語なんてやらなくても、他人が努力してその人の話を聞くためにコミュニケーションとりに来るという、典型的な中身のすごい人なんだと思う。

逆に、中身が伴ってなかったら英語できてもあんまり意味ないのよね・・・・

ああ、この人はまさに僕の理想だ。
けど、今のままじゃまだまだだなぁ・・・・

常識とか西洋的自然観にとらわれないような、日本人の若者としての自分のオリジナルの研究を少数派でやり続けて初めて価値があるんだと思う。

Home > アーカイブ > 2008-10

検索
フィード
メタ情報

Return to page top