Home > 思ったこと | 日常 | 研究について > 1冊の技術書と青春18切符を持って一人旅してきた

1冊の技術書と青春18切符を持って一人旅してきた


(画像が多いので、一旦データを全て読み込んでからブログエントリを読み始めた方が良いかもしれません…)

ちょっと明日から1人でLinuxの旅に行ってくる」エントリに書いた通り、先週Linuxプログラミングインタフェースというとっても重たい技術書と青春18切符と最低限の着替えを持って、北海道目指して鈍行や快速を乗り継ぎ、技術書を電車の中でひたすら読む1人旅をしてきました。

今日はその旅の中であったことを時系列に徒然と書いていこうと思います。旅の流れとしては、以下のようになりました。

  • 1日目 大阪から金沢
  • 2日目 金沢から新潟
  • 3日目 新潟から弘前
  • 4日目 弘前から函館
  • 5日目 函館から札幌
  • 6日目 札幌から大阪

上記の旅路を章ごとにまとめ、これらに加えて、

  • 持って行って良かったもの
  • 思っていたより良かった事
  • 思っていたより辛かった事
  • 買ってよかったお土産
  • 旅を追えての感想

を最後に書いていますので、そちらも御覧ください。

画像の読込に時間がかかるので、

に分けました。

1日目 大阪から金沢

まずは、全体を通して、大体10時頃に出発してあまり無理のないように17時ぐらいにつく場所で、それなりに都会であればそこに泊まろうという方向性で旅を始めました。

大阪から福井県敦賀乗り換え

大阪から敦賀行きは、電車がそれなりに混んでいて技術書を手軽に読める感じではありませんでしたが、京都を過ぎた辺りから空いてきて座る事ができたので、その辺りから技術書を読み始める事ができました。途中で前3両が敦賀行きとして切り離される等、危うく違う所に行きそうになりましたが、この辺は特に問題なく本を読めました。

敦賀駅は大変趣きのある駅でした。

敦賀から福井乗り換え

敦賀で数十分待った後、福井へ向かいました。この辺りは特に何もなく、最初だったので気合も入っており、ひたすら本を読んでいましたね。鯖江駅は人がすごく多かったのは印象深かったです。

この辺りから、駅名と本で記念写真を撮ろうという縛りを作りました。縛りがあった方が何となく楽しく旅ができる気がしたからです。福井駅では確かトワイライトエクスプレスを見ることができました。乗りたいですねー。

福井から金沢

そして、特に本を読む以外何もなく金沢に到着しました。電車もほどほどに空いており、車両も新しかったので本が読みやすかったです。

この日が偶然にも金沢で非常に大きな花火大会が行われる日ですごい人が多かったので、そこから逃げるべく涼しい所にいきました。

もりもり寿司はとても美味しくて、特に真鯵と真鯛が美味かったです。金沢の寿司もうまいですねぇ。

真鯛

真鯵

夜金沢駅周辺を散歩していると偶然花火が見えて夏の夜を感じました。

金沢駅はなんだかオシャレでした。

この日は金沢駅近くのアパホテルに泊まったのですが、大浴場もあったりと僕がこれまで見てきたアパホテルの中でも一番立派でした。

ホテルの部屋でもしばらく花火の音が響いており、夏でしたね。

2日目 金沢から新潟

アバホテルではあまりやる気がでずiPhoneをひたすら弄ったりして旅の写真をどう効率良くシェアしていくかばかりを調べていました。また、富山のグルメ情報も現地に詳しいエンジニアの方に面識は無いにも関わらず色々と教えて頂けました。ありがたいです。

富山の鱒寿司、次は食べたいです。

金沢から富山乗り換え

まずは、金沢から富山を目指します。この日も大体17ぐらいに無理なく目的地につくような予定で、新潟に向けて出発しました。この辺りもひたすら技術書を読んだり景色を眺めたりするぐらいだったのでさくさく書いていきます。本当は富山ブラックとか食べてみたいんですが、時間の関係上次の機会ですね。

富山から新潟県直江津乗り換え

富山で乗り換えてさらに直江津に向かいました。この間、日本海沿いを通るのですが、非常に海が綺麗で技術書そっちのけで景色を眺めていました。海が青いし近いし最高でした。電車も多少混んでいた気がします。

途中で福岡に行ったりもしました。

また、駅員さんにアメリカ行きの乗り継ぎを要求しているように聞こえた事もありました。

そうこうしているうちに、糸魚川で結構な人が降りたので、広々と本を読めるようになった気がします。

そして、時間的には直江津で2時間ぐらい待ち時間があったので、駅近くのホテルハイマートの二階にある定食屋に適当に入りました。頼んだお造り定食の魚がうまくてうまくて感激しましたね。

直江津駅は開放的で良い感じでした。海で泳ぐ人とか結構来るんですかねぇ。僕が行った時はほとんど人はいませんでした。

鱈弁当も次は食べてみたいですねぇ。

直江津から新潟

直江津駅で昼食後、新潟へ向かいます。しかし、この間は長岡花火大会とまたもや日がかぶってしまい、この電車は激混みでした。また、JRの座席の構成が向かいあわせなので、椅子に座っているにも関わらず荷物を抱きかかえたまま身動きできないので非常にスタミナを削られました。全く本は読めずひたすら日本海を眺めるのですが、景色は最高に良くてそれだけが救いでした。

そんなこんなで、披露困憊かつ技術書の進捗全く無く新潟に着いてしまったのでした。

新潟駅は結構都会で、駅前にはラーメン屋や飲み屋が沢山ありました。

また、新潟に着く際に、直接面識無いにも関わらず、新潟に詳しいエンジニアの方々が新潟についてや、オススメの店を教えて下さって、非常にうれしかったです。

ありがとうございます。

うう、そんな風に言って頂けて嬉しいです。

また、明日向かう予定の青森の宿がほとんど取れない壊滅的な状態だった時にも色々アドバイスを頂けてとても助かりました。

困っていると東北の状況とまだマシな場所を教えて頂けたりしました。

オープンに技術を学んだり研究したりすることでこういう事が起こりえるのかととても幸せな気持ちになりました。

というわけで、新潟では須坂屋で蕎麦とブリを食べました。

蕎麦はコシがあってうまいです。

ブリ刺は夏ですがそれでもめちゃくちゃうまかったです。

蕎麦のシメに焼アゴラーメンも食べました。ラーメン吹きそうになるコメントをするお客さんもいましたが無事食べきれました。

そして、この日は疲労もたまっており、ホテルでは本を読む事なく11時間ぐらい寝てしまったのでした。

(画像が多いので中編に続きます)

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 思ったこと | 日常 | 研究について > 1冊の技術書と青春18切符を持って一人旅してきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top