Home > 日常 | 革小物 > GANZOのTHIN BRIDLE純札入れ購入

GANZOのTHIN BRIDLE純札入れ購入


IMG_3412

最近は荷物を持たない事が多く、手ぶらで出かけるようにしたいなぁと思うようになった。

なので、そういう時に最小限の数枚の札とカードのみ入れられ、できるだけ薄くてケツポケでき、汚れが目立たないような色の財布を探していたら、2種類見つかった。

ひとつは、GANZOのシェルコードバン単札入れ、もうひとつは同じくGANZOのTHIN BRIDLE純札入れだ。

色々悩んだ結果、どっちも欲しいんだが(使う使わないではなく、ほぼ趣味で^-^)シェルコードバンのカードケースは持っており、GANZOのブライドルは持っていなかったし、シェルコードバンの方はカードが一枚しか入らないため、とりあえず6枚は入れられるTHIN BRIDLEの純札入れに決めた。

国内問わず、世界中の財布を色々見ても、GANZOの企業努力はすごい。

おそらくは、世間一般で必要とされないであろう形でも、職人の趣味というか、マニア向けの形の製品を出すところは素晴らしい。

こういったニーズに応える財布はなかなか無いだろうな、とか思って検索してみるとGANZOにあったりする。

こうやって固定客がついていくんだろうと思う。

まずは購入時のブルームが残っている状態。

IMG_3407

イギリスの某有名なブライドルレザーを薄くすいており、ブライドルなのにここまで繊細に仕上がってる財布はないのではないか。

一見普通だが、薄さや細かさ、縫製に非常にこだわっており、日本人しか作れないような財布になっている。

一磨きしてやれば、一番上の写真のように光輝くのがブライドルレザーの魅力でもある。

縫製もこの価格にしては、非常に丁寧である。

段差を一縫いで飛び越える努力もしている。

内側は、これもイタリアの某有名タンナーのミネルバ・ボックスという革を使っている。

この革は、僕が非常に好きな革の一つで、これも購入要因の一つになっている。

変化の激しい革で、汚れによるエイジングではなく、革独特のあめ色エイジングを見せてくれる。

IMG_3408

表面は一枚革でできている。

IMG_3409

そして、今回購入動機となる重要な要素のうすさは、以下のように非常にうすく仕上がっている。

IMG_3410

分厚くて頑丈のブライドルレザーを丁寧にすいていくことで、このクオリティを実現できる。

非常に素晴らしいできだ。

そもそも分厚く頑丈なブライドルレザーに薄さを求める人間が少ないはずだが、薄くて美しく頑丈、を実現するためにはこの一見邪道に見える作業が必要なのかもしれない。

この完成がGANZOを支えているように思える。

中身に札やカードを入れても、iphone程度の薄さになっている。

IMG_3413

いやぁ、ほんと素晴らしい出来です。

コメント:2

okn 09-12-05 (土) 13:51

GANZOですか。
made in japan いいなあ~。

matsumoto_r 09-12-06 (日) 23:40

ficoではないですよー。
GANZOのGANZOが素晴らしい出来です。

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.matsumoto-r.jp/wp-trackback.php?p=652
Listed below are links to weblogs that reference
GANZOのTHIN BRIDLE純札入れ購入 from 人間とウェブの未来

Home > 日常 | 革小物 > GANZOのTHIN BRIDLE純札入れ購入

検索
フィード
メタ情報

Return to page top