Home > アーカイブ > 2013-10

2013-10

mod_mrubyとngx_mrubyにファイル単位でのキャッシュオプション追加


mod_mrubyngx_mrubyにRubyコードファイル単位でのキャッシュオプションを追加しました。

これまではRubyコードファイル単位でキャッシュ化する事はできていませんでしたが、これからはキャッシュ化したいファイルを選択する事ができます。キャッシュといっても、キャッシュ指定されたRubyコードファイルはサーバプロセス起動時にコンパイルまで行っておくという機能で、キャッシュ化するとサーバプロセス起動後はファイルの内容を変更しても反映されません。一方でキャッシュ化していないファイルは、リクエスト単位でコンパイルするのでファイルの変更がリクエスト単位で反映されます。

全文を読む

mod_mrubyやngx_mrubyのGitHub Pagesを作る事の重要性を体験した


すごい今更なんですが、ngx_mrubyとmod_mrubyのGitHub Pagesを作りました。

作るといっても、README.mdを読み込むだけでできちゃいました。素晴らしいです。

全文を読む

ngx_mruby vs lua-nginx-module 対決してみた


論文や発表が少し落ち着いたので、研究の実装を再開しています。

そこでふと思ったのですが、そういえばngx_mrubylua-nginx-moduleのパフォーマンス比較していないなぁと思いました。でも、今検証環境が色々あって揃っていないので微妙だなぁと思いつつも、やっぱり気になると試さずにはいられないたちなので、簡単なhello worldのベンチマーク比較をしてみました。

全文を読む

「コンテナ型仮想化の情報交換会@東京」で発表してきた


ということで、先日「コンテナ型仮想化の情報交換会@東京」に参加して発表もしてきました。元々、主催者の加藤さんは僕が尊敬するエンジニアの1人でもあり、何かお手伝いできると良いなと思っていて、発表のお誘いを受けた時はとてもうれしく思いました。また、今回はTwitter上ではそれなりにお話している人達にも沢山あえるということで、バーチャルな世界から初めて東京に出ていくという意味で恥ずかしくもワクワクするような勉強会でした。発表個々の感想はこれから続くであろう参加者の皆様の参加エントリに期待して、このエントリには勉強会全体の感想を書き綴ろうと思います。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2013-10

検索
フィード
メタ情報

Return to page top