Home > 日常 | 革靴 > GAZIANO & GIRLING CAMBRIDGE

GAZIANO & GIRLING CAMBRIDGE


エドワードグリーンでビスポークの総責任者をしていたガジアーノさんと、ジョンロブロンドン出身のビスポーク業界では知らない人はいないビスポーク職人のガーリングさんが協力しスタートした靴屋さん。

それが、GAZIANO & GIRLING。

エドワードグリーンの木型とジョンロブロンドンのビスポーク技術が融合した靴といえる。

レディメイドではほぼ最高に近い出来なんではないだろうか。

モデルはCAMBRIDGEと呼ばれるパンチドキャップトゥで、アッパーはビンテージオークと呼ばれる革である。木型は、Tony Gazianoさんの名前を冠したTG73と呼ばれる、スクエアトゥの木型だ。

Tony Gazianoさんは、グリーンの82や888の木型を起こした人でもあり、888と非常に似ており、さらにエレガントさが増している。

おそらくは、GAZIANO&GIRLINGの最も定番のパターンでは無いだろうか。

レディメイドといえど、作りはビスポークさながらで、踏まずの外側までも多きく絞込み、もちろん踏まずはビスポークで見られるベベルドウェスト。

タイトに絞り込まれたフィルドバック仕様である。

アウトソールはJ&F.J.ベイカー社製で、これもビスポーク以外で使用しているのはGAZIANO & GIRLINGのみといわれている。

この革は、非常に柔らかいが頑丈で長持ちする。そのため、非常に高価なのだが、レディメイドでそれを使用するところに、靴への愛着が感じられる。

上の写真のように、土踏まずは内側からも外側からも非常に絞り込んでいるのが分かる。

また、ステッチはシングルで繊細な表情を見せている、

下の写真のように、ヒールもまたビスポークでよく見られる仕様のピッチドヒールを採用しており、下のほうへと細くなっていて、ヒール自体も高くなっている。

アッパーには、イルチアでも厳選された革を使っているようで、ジョンロブやグリーンと同等以上の革質である。

横から見ても、ビスポークシューズをさまざまな人に味わって欲しいという精神の元、全く手を抜かず無駄を削った木型と作りになっている。

そのため、非常にグラマラスな雰囲気を漂わせている。

上あkら見ると、外側も絞りこんでいることがわかる。

斜めから見ると、異様に絞り込まれた踏まずや小ぶりのヒールのため、非常にエレガントに見える。

もう少し違った角度から。

あー、素晴らしい木型だ。

小ぶりのヒールから、異様に絞り込まれた踏まず、そしてそこから甲にかけて描かれるラインが非常に美しく、優美である。

履き心地も最高で、アウトソールが非常に柔らかいため、サイズ感はグリーンと非常に似ているのだが、靴擦れになりにくい。

さすが、ビスポーク仕様のアウトソールである。

この靴を履くと、ビスポークをやってみたいという気持ちが大きくなってしまいました。

もう何足か、ここのレディメイドが欲しいなぁ。

非常によく考えられた木型と、手抜きの一切ないビスポーク仕様の作りにはまってしまったのでした。

コメント:12

レガツォーニ 10-01-30 (土) 21:45

こんばんは。
いつも楽しく拝見しています。
2度めの書き込みです。

G&G、私も気になってました。
確かにかっこいいですね。
以前はアルフレッドサージェントの工場で作っていましたが現在は自社工場生産になったと聞いています。

EGに比べて随分ロングノーズに見えますがいかがですか?
感想および#82と並べたショットをUPしていただければ幸いです・・・・

by レガおじさん

matsumoto_r 10-02-14 (日) 0:47

レガツォーニさん、こんばんは。

いつも見て頂き、ありがとうございます。

EGに比べるとロングノーズに見えたのですが、全体的な長さはあまり変わらず、ピッチドヒールが高いため全体として女性のヒールのようなイメージで、ヒールから羽根までが短くなっているようです。

そのため、バランスでいくとロングノーズになっています。
ただ、ウェスト部分の絞りもすごく、そういったディテールと相まってよりノーズが長いように見えるのだと思います。

また、82との比較の記事を書いてみようと思いますので、是非ご覧下さい。

マイゼリアン 10-03-30 (火) 1:21

はじめまして。なんかぼくのGGよりヒールの仕上げが綺麗で妬ましいです。

ぼくはMH71ラストのケンブリッジを持っているのですが、これはおそらくベンチメイド中もっともショートノーズなもので、
捨て寸がほとんどありません。ソールが船底状になってなかったならばビタンと着くに違いない。
スクエアトウはラウンドに較べてショートノーズになる傾向がありGGもその例に漏れませんが、
GGスクエアラストはラウンドよりもアウトサイドの絞りがえげつないものになっているので、
正面から見たばあい後者よりも前者のほうがなんだかロングノーズに見えます。

matsumoto_r 10-05-28 (金) 20:10

>>マイゼリアンさん
はじめまして。
GGは個体差があるとよく言われているようですが、そのためでしょうか。
MH71とGG06のノーズの長さがほぼ同じと言う話をきいたことがあります。
MH71の方がショートノーズなのですか、個人的にはショートノーズの足にぴったりとした形が好きです。

DG73は少しノーズが長い気がしていたので、前々からMH71やGG06に興味があります。
ただ、日本にはDウィズが多く僕の足には細すぎるため、どうしてもハーフサイズアップのノーズ長めではく必要がでてくるのが微妙です。
Eウィズで上記ラストを試してみたいなーと思っています。

購入予定 10-09-26 (日) 19:26

はじめまして。
こちらカラーはなんでしょうか?素敵な色ですね

matsumoto_r 10-09-26 (日) 21:37

購入予定さん

はじめまして。
この革はビンテージオークというカラーです。
グリーンのダークオークをすこし薄くしたような色です。
綺麗ですので、おすすめです。

購入予定 10-09-27 (月) 11:26

ビンテージオークなんですね。ありがとうございます!
写真だけでも溜息が出そうですね。MTOしてみようと思います。

Keisuke 11-01-07 (金) 12:41

Gaziano&Girlingの検索からきました。
いきなりですがこの靴かっこいいですね。
もしよろしければどちらで購入なさったか教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

matsumoto_r 11-01-18 (火) 9:03

はじめまして。

Gaziano&Girlingの靴はかっこいいですね。
見た目はグリーンやロブよりもエレガントなのかもしれません。

購入は某オークションで格安で購入しました。
最初はトゥモロウランドでも購入しようと思っていたのですが、値段があまりに本国価格より高すぎます。
オークションの価格が適正なのかもしれません。

G&G 12-10-04 (木) 2:55

はじめましてもしよろしければEG、ジョンロブのサイズ、ラスト教えて頂けますか?
トゥモロウランドだとさすがに高すぎます

matsumoto_r (MATSUMOTO Ryosuke) 12-10-04 (木) 22:57

はじめまして。

僕の場合は、EGのラスト82、202、606、808、888はEで6ハーフです。32のみEで7にしています。
ジョンロブはプレステージの場合は6ハーフDでクラシックは6ハーフEにしています。
GGはTGもMHも6ハーフEですが、MHの踵が緩く感じます。

以上が僕の足の場合ですが、足の形によっては全然違う人も知り合いにいるので、最初の一足くらいは試着できる所で買う(色々なラストやサイズを試着できる良さもあります)のがおススメです。

G&G 12-10-05 (金) 23:28

どうもご親切にありがとうございました!是非参考にさせていただきます

コメントフォーム
Remember personal info

CAPTCHA


トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.matsumoto-r.jp/wp-trackback.php?p=731
Listed below are links to weblogs that reference
GAZIANO & GIRLING CAMBRIDGE from 人間とウェブの未来
pingback from 人間とウェブの未来 » GAZIANO & GIRLING ISHAM 11-12-28 (水) 1:02

[…] GAZIANO&GIRLINGに関するうんちくは前の記事を参照。 […]

Home > 日常 | 革靴 > GAZIANO & GIRLING CAMBRIDGE

検索
フィード
メタ情報

Return to page top