Home > 革靴

革靴 Archive

GAZIANO & GIRLING ISHAM


久々にGAZIANO&GIRLINGの靴を購入。

前に買ったCAMBRIDGEは2010年の1月に購入しているので、約2年ぶり。

GAZIANO&GIRLINGに関するうんちくは前の記事を参照。

今回のISHAMはグリーンのDOVERに対抗するために作られた靴。対抗というよりは、むしろDOVERを超えるUチップとしての立ち位置を目指している。

そのため、価格帯もDOVERより高く、ピッチドヒールやベベルドウェストを既成靴ながら採用している。もちろん半カラス仕上げ。

全文を読む

John Lobb CityⅡ


年末で少し時間ができたので、以前購入した靴等をレビューをしていこう。

まずは、2010年の2月あたりに購入したジョンロブのCityⅡ。言わずもがな、既成靴においては王様である

安く購入できる機会があって購入した。6ハーフEの7000ラスト。超定番の美しいラストである。

全文を読む

GAZIANO & GIRLING CAMBRIDGE


エドワードグリーンでビスポークの総責任者をしていたガジアーノさんと、ジョンロブロンドン出身のビスポーク業界では知らない人はいないビスポーク職人のガーリングさんが協力しスタートした靴屋さん。

それが、GAZIANO & GIRLING。

エドワードグリーンの木型とジョンロブロンドンのビスポーク技術が融合した靴といえる。

レディメイドではほぼ最高に近い出来なんではないだろうか。

モデルはCAMBRIDGEと呼ばれるパンチドキャップトゥで、アッパーはビンテージオークと呼ばれる革である。木型は、Tony Gazianoさんの名前を冠したTG73と呼ばれる、スクエアトゥの木型だ。

Tony Gazianoさんは、グリーンの82や888の木型を起こした人でもあり、888と非常に似ており、さらにエレガントさが増している。

おそらくは、GAZIANO&GIRLINGの最も定番のパターンでは無いだろうか。

全文を読む

サドルソープで靴を生き返らせる


IMG_3388

日々手入れしていると、そこまで汚れてしまうことはないが、突然の雨や不意の出来事で靴が非常に汚れてしまい、クリーム等ではどうしようもなくなる。

そんな時は、靴を一新するつもりでサドルソープで洗ってみることをお勧めする。

いい革であれば、必ず元の状態に戻るはずだと信じて水にほりこんでみよう。

今回は、サントーニのファーストラインの靴をサドルソープで洗った。

全文を読む

半年に一回くらいの革靴定期メンテナンス


IMG_3403

日々のブラッシングや、月に一回程度の乳化性クリームの手入れだけでは、汚れがたまってくる。

そのため、半年に一回くらいは大掛かりなメンテナンスをしてやらないと、汚れが目立ったり、革がダメになってしまったりする恐れがある。

ということで、今日はDoverを2足綺麗にメンテナンスしてやった。

全文を読む

ホーム > 革靴

検索
フィード
メタ情報

Return to page top