Home > 革靴

革靴 Archive

チェルシーとカンタベリーの2ヶ月使用レポート


エドワードグリーンのチェルシーとカンタベリーを大体同じ時期に購入し、2ヶ月間大体同じくらい履いたのでその使用レポでも。

履いて磨いて一番思ったことは、チェルシーに使っている皮が非常に高品質であること。

非常にきめ細かく、乳化性クリームだけでもあり得ないほど輝き、また非常に柔らかいが型崩れせず芯がある皮のようだ。

まるでカール・フロインデンベルグを間違って使ってしまったかのうようだ。

(確か、カール・フロイデンベルグはビスポークかトップドロワーにのみ使用するんだったような・・・)

実際に、カンタベリーと比較してもらうとわかる。

もちろん、カンタベリーも非常に良い皮を使っているが、それをなお上回っている。

↓カンタベリー

IMG_3356

 

全文を読む

Edward Greenの魅力


IMG_3336

エドワード・グリーンの魅力とは、やはり履き心地だと思う。

しかし、それだけではここまで多くの人を魅了することはできないだろう。

上の写真を見ていただくと分かってもらえるかもしれないが、やはりそのシルエット等も非常に美しいのだ。

全文を読む

Edward Green Chelseaでの木型82と202比較


IMG_3349

 

エドワード・グリーンで最も名モデルとされているチェルシーで、木型の比較をしてみた。

まずは、全ての革靴の基本となったといわれている202(右のチェスナットアンティーク)は、やはり上品なたたずまいで、最近の革靴と比べると丸い印象を受ける。

それに対して、82(左のダークオークアンティーク)は202の次世代ラストといわれており、最近の流行も取り入れた細身の見た目となっている。

色々見ていくと、普遍の名作と現代の名作にはさまざまな違いが見受けられる。

全文を読む

Edward Green Canterbury E82 購入


IMG_3305

エドワードグリーンのカンタベリーをオークションで格安で購入した。

今回購入した木型はE82。

グリーンのストレートチップ系は初めてだ。

グリーンの中ではトゥが長めのラウンドトゥで現代的な雰囲気だ!

相変わらずダークオークの色合いは最高だ!

全文を読む

Edward Green Dover E32 つま先修理


IMG_3240

Grensonのリペアの出来が非常によかったので、先週つま先修理も阪急メンズ館のシューリペア工房に持っていた。

価格は、つま先リペアをレザー使用で2600円である。

そして、今日がその受け取り日。

やはり期待通りにすばらしくリペアしてくれていた。

全文を読む

ホーム > 革靴

検索
フィード
メタ情報

Return to page top